不正ユーザに対する取り組み

最近、インターネット上のサービスにおいてフィッシング(金融機関などからの正規のメールやWebサイトを装い、暗証番号やクレジットカード番号などを搾取する詐欺)やそれらの手口で獲得したID・PASSを利用した"なりすまし行為"が横行しております。いずれも刑法上の詐欺行為に該当する悪質な犯罪行為です。また、ごく一部のユーザーがSBIポイントの口座をひとりで複数開設し、架空口座でキャンペーンに参加し、ポイントの不正取得を試みようとするケースが増えてきています。これらの行為は日頃ご愛顧いただいている会員の皆様に大変迷惑がかかっています。万が一、SBIポイントでこれらの行為が発見された場合には全力をもって徹底的に追跡し、詐欺事件として刑事告訴するなど厳しい対応を取っていく事により大多数の健全な会員の皆様に対するサービスを維持継続していく所存です。

ページの上部へ